健泉の糸とはwhat

健泉の糸®は繊維そのものが炭です

健泉の糸

健泉の糸®は綿花を高温で焼成し、炭化したものを特殊技術でファイバー化して、
そこから紡績して作られます。
従来の炭を振りかけたものや、炭を練りこんだものとは違い、
繊維そのものが炭と同等の機能を保持しているのです。

製品表示は2種類に分類されます

炭混入繊維
健泉の糸 他社の繊維
健泉の糸 ® 違い 他社の繊維
綿花100% 原料素材 備長炭や竹炭の(炭の粉)
綿 芯糸 レーヨン
綿を炭化しファイバー化した炭糸を紡績 製造方法 炭の粉を吹き付けor練りこみして
撚り合わせが簡単 他素材との編成 製造方法の違いから製造工程が増える
生地の破損まで効果が持続 耐洗回数 炭の成分が剥がれ落ちるため
効果の減少が予想される
植物性炭混入繊維なので
ソフトで肌に人体に優しい
肌の感触 少し硬く感じられる
すべて製品でのデータ 試験データ 原糸での試験が多く、製品での試験は少ない
ポイント
  • シルク、麻、カシミヤ、化繊など様々な素材その撚り合わせが可能。
  • 20~120番手まで製造が可能。
炭素繊維
PAN系 比較 ピッチ系
ポリアクリロニトリル 原料 石油、石炭、コールタール
軽い
高強度
特徴 軽い
低強度~高強度まで調節できる
低弾性~高弾性まで調節できる
用途
  • 特性をいかし、車や飛行機のボディなど工業用として使われている。

健泉の糸®、消臭・調湿の秘密

消臭・調湿の秘密 ナノレベルの孔(あな)がつくられる 炭には数ミクロンの小さな孔(あな)が無数にあります。
炭1gに空いている表面積は約300㎡。
(炭2kg弱=ディズニーランドの表面積)
この孔に空気を通し小さな気泡をつくり、ニオイの元を吸着してくれるので、
高い消臭効果を持つことができます。
また、この孔には湿気も吸着できるので、湿度が高い時には湿気を吸着し、
乾燥している時には湿気を吐き出すことで高い調湿効果を持っているのです。
炭混入繊維は間接接触することにより、血液の流動性を高める機能も期待できます。
健泉の糸®はナノレベルの孔のため、表面積がさらに大きく
備長炭の4~5倍の孔の数があり、炭の効果がより期待できます。